吉本 忠則

タイプB ブログはこちらをクリック願います。

扇子作家 吉本忠則(Yoshimoto Tadanori)
1947年、広島市に生まれる。美術雑誌編集者を経て、アート・コーディネーターとして活躍するかたわら、扇子デザインに興味を抱き、2002年、『夏扇冬扇~和のオートクチュール』(東京・白金台)と題し初個展。05年、日本橋三越本店で『扇子・花扇画展』を開催(以後毎年、同本店で個展、今年で11年開催)。 10年、小説『花影』(ポプラ社刊)を発表、四季の移ろいを背景に男女が織りなす心模様を艶やかに描き出す。14年、パリ日本文化会館で扇子を展示。同年6月、日本橋三越本店で個展10周年展の開催に続き、『2014三越 秋の逸品会』(ホテルニューオータニ)に出品。10月、シンガポール・マンダリンギャラリーにて海外初個展。詩的感性に裏打ちされた創作活動は、美術から文学まで多岐に亘る。           現在、島根・足立美術館アドバイザー。

春月夜1金市松〈游〉1 作品のお求めはこちらから(ヤフオクにリンク)

 

時空の旅           (作家のことば

扇子を持つと、所作(しょさ)が正確になる。                               洗練された機能美が使い手の指先を刺激し、                           立ち居振る舞いに、                                               妙(たえ)なる抑揚を与えるからである。

キュートに閉じた身をときほぐすとき、                                     さざ波のような微風を送りこむとき、                                    そして安息の眠りにいざなうとき。

扇子を持つと、感性がしめやかになる。                                    馥郁(ふくいく)たる様式美に数多(あまた)の細胞が呼応し、                           いにしえ人の息づかいを求めて、                                             時空の旅を重ねるからである。 

古刀のような竹のフォルム、                                           しなやかで強靭な和紙の風合い、                                     そして想像力をかきたてる末広の誘惑。                                                       

                    忠 則

三越 逸品会A三越B